ミネラルウォーターサーバーが人気の理由をひも解いた

ウォーターサーバーでミネラルウォーターは若干高いのになぜ人気なの?そこまでミネラルとる意味あるの?とまるで5歳くらいかのような知能の同級生がいるのですが旅行している時に聞かれました。

なにいってんだこいつ。。。と最初は思ったのですが、よくよく考えてみるとあまり深くミネラルウォーターのことを知らずにミネラルウォーターが良いという感覚でいることに気がつきました。旅先から家に戻りこの疑問が頭から離れなかったので一肌脱いで調べてみる事にしたのです。すると驚愕の事実が。。。あるかどうかは続きをお読み下さいまし。

ミネラルウォーターはなぜ人気なのか?

人間の体はビタミン、ミネラルを自力で作ることができません。それなのにビタミンとミネラルは人間の必須要素と栄養学では定義されています。一言でいえばこれがミネラルウォーターが人気の理由でしょう。あら、答え出ちゃいましたねw

まあ、深く調べようと思ったのですがこれが人気の理由で、ミネラルは別に水からでなくとも海藻など食事からとることが出来ますし、含有量はむしろ水よりも食事のほうが多く取得が出来ます。水に対してミネラルを求めるのは日常でいつも口にするからついでで飲めるので便利という事が無意識のうちに働いているのではないでしょうか。

ウォーターサーバーに含まれるミネラルとは?

ウォーターサーバー会社が販売している水の種類にはミネラルウォーターとRO水という水が主流です。比較対象としては水道水がよくあげられていますが、実は水道水にもミネラルは含まれています。

ほとんどが軟水で水道水も軟水に分類されます。ウォーターサーバーをレンタルする理由として、カルキ臭がせず、冷えているからというのが大きな理由の一つともなるのでRO水も人気ではあります。しかし水道水にミネラルが含まれているのになにかもったいない気もします。RO水にはミネラルが一切入っていない言葉をよくしていえばピュアウォーターなのです。

では、ミネラルが含まれている水道水のほうが健康的なのでしょうか。答えはNOだと思います。よく、水道水はウォーターサーバーよりも衛生面では安全であると解く人がいますが、含まれているミネラルの内訳を調べていない気がします。前提として水道水は安全です。綺麗です。しかしミネラル成分は開示されていませんが鉄分等が多いという印象です。これは水道管の赤錆が原因です。印象操作をするつもりはなく、鉄分も必須ミネラルのうちの一つなので問題は無いのですが、目的としてあまりとれないよいミネラルをたくさんとりたいと思いませんか?有料でお水を買うのですから。

ウォーターサーバーに含まれるミネラルは採水地の天然水によって変わってきますが、ひとつ注目してあげるのであれば富士山の天然水でしょう。富士山の天然水は、なかなかとることのできないパナジウムというミネラルをはじめ山でろ過された時に吸収されたミネラルが豊富に含まれています。市販で販売されているウォーターサーバーの富士山の水はほとんどが軟水なので飲みやすくまろやかで美味しい水です。

パナジウムの効果は絶対に効果があるのかは知りませんが、糖尿病の予防効果、コレステロール値改善、デトックス、美容効果などがあるといわれています。あったとしても実際には微量な効果だとは思います。また、きちんと1日2リットル近くを飲む必要はあるでしょう。そもそも今の人は水をあまり飲む習慣がありませんから富士山の天然水などの美味しい水だと飲み続けやすいということ自体が健康に近づく可能性があるのではないかと思います。

パナジウムがなぜそのような効果があるといわれているかはインスリンという血糖値をさげる注射で有名な成分がありますがそれと似た効果があるのではないかといわれているからです。ただし、公に広まる科学的根拠は今のところないような感じです。一部の人がパナジウム天然水を飲み続けた結果、色々な数値が改善したというような報告がちらほらとあるだけ。だから、過度な期待をして飲み、パナジウムを飲んでいるから暴飲暴食しても大丈夫だといった類の考えは危険なので辞めましょう。健康は水だけでは手に入りません。全体の習慣が大切なのです。

エセ美容マニアは健康成分をとっているから健康だと勘違いしている節があるように思いますので、一応余計なひと言をいっておきました。

ペットボトルのミネラルウォーターでは駄目なの?

ウォーターサーバーの話をしてきましたが、同じミネラルウォーターなのだからペットボトルでは駄目なのでしょうか。実質ペットボトルのほうが料金的には安く済みます。

結論からいうと、悪くは無いです。しかし、ペットボトルの天然水を毎日飲むと決める場合もしっかりとどのくらいのミネラルが含まれているかを検討する必要があります。

天然水、ミネラルウォーターと言葉でいうのは簡単ですが、中身は雲泥の差があるのです。多くを語るのはここでは省きますがミネラルウォーターと呼ばれる水には4種類の天然水があります。まず、採水地から汲みあげられ、衛生法で定められた最低限の加工で済ませ水に含まれているミネラルを壊さず市販に出荷しているもの。言葉だけで探すなら「ナチュラルミネラルウォーター」という文言で探してみてください。

他の3種類よりもこれが一番天然に近い水だと思います。中にはミネラルウォーターと歌っている癖にミネラルがほとんど入っていない商品も存在するのです。個人的な間隔でいえばペットボトルの水はミネラルがほとんど含まれていない印象です。日本の天然水の場合に限ります。ダイエット専用のミネラルウォーターは硬水に多いので含まれていますがまた違った目的なのでこれは省くことにします。

だから、駄目ではないけれど、きちんと買う時は成分表を見て買いましょうと。

ミネラルウォーターサーバーランキング

以上のことを踏まえ、私は、毎日良質なミネラルウォーターを飲むのであれば人気のウォーターサーバーで「ナチュラルミネラルウォーター」や成分がきちんと配合されている水を選ぶのが良いと考えました。既にウォーターサーバーは天然水のものを飲んでいるので良かったのですが、これからどうしようかという方向けにウォーターサーバー人気から抜粋して私なりのおすすめミネラルウォーターサーバーランキングをメモしておきます。

南アルプスの天然水 サントリーウォーターサーバー

まず一つ目のおすすめはサントリーの南アルプス天然水です。ペットボトルでも買えるから見方によっては価値がないととれるかもしれません。ウォーターサーバーが便利だから導入したいのだけど味が心配という方におすすめしたいです。味はそのまま南アルプス天然水ですのでそういった意味で安心です。

水はもちろんナチュラルミネラルウォーターなので南アルプスで採水された天然に近い冷えた水がいつでも飲めます。

富士山の天然水ならコスモウォーター

富士山の水を取り扱っているウォーターサーバーはかなり多いです。私が説明してきたパナジウムという成分が人気なためだと思います。

成分に関してはほとんど同じですが、配合量が若干変わってくるようです。出荷されているウォーターサーバーの中でコスモウォーターが一番の含有量ではありませんが、合格を与えられるパナジウムが含有されています。

水だけで選んでもよいのですが、コスモウォーターはサーバー自体が業界でもとびぬけた人気なので普通に良いと思います。

まとめ

ウォーターサーバーは一昔前であればRO水、ピュアウォーターでも何も考えず綺麗な水で、カルキ臭がせず、宅配料も無料で冷水、温水が楽しめる。というのが決め手でした。

しかし、需要が増えてきたこともあり各社が質をあげに来ている時期が今なのだろうと調べている内に感じる事が出来ました。その一つがミネラルウォーターであると確信しました。冒頭では、ミネラルウォーターを飲んだほうが良いという印象操作の可能性も疑っていましたが、それはまったくないと結論ずけます。毎日安定したクオリティのおいしいお水で、且つ安全で、且つ、ミネラルが適度にとれるのはウォーターサーバーしかないと思っています。他にもっと良い方法があるなら知りたいので教えてください。

COPYRIGHT© ミネラルウォーターサーバーが人気の理由をひも解いた ALL RIGHTS RESERVED.